こうですか?わかりません?
夏の試験前に人生相談に来た男子に「勉強できるようになればおまえが片想いしてる女子に勉強教えられるぞ! とりあえず勉強!」って言って勉強させたんだけど,秋に会ったら「勉強できないチャラい奴が例の女子に勉強を教わってました.ぼく勉強したのに・・・」って言ってた.この世界は残酷なんだ.

 ソウルの高級ホテルの中で営業していた日本資本の日本レストラン。そこの日本人板長の帰国日程が決まってからのことだ。2人で飲んでいると、彼が聞かせてくれた。

 「本当に苦労しましたよ。何がって、店に入りユニホームに着替えたら、必ず手を洗え。手の洗い方は…とね。これを完璧に実行させるまでに1年かかりましたよ」

 2年か3年か、その店は「一人前に育った韓国人板長」が取り仕切っていたが、他の店にスカウトされ、彼が再びソウルに赴任してきた。

 「驚きましたよ。何がって、あれだけ厳しく『まず手を洗え』と教えたのに、完璧に忘れられていたのですから」

 これは私が時事通信社のソウル特派員だった1980年代、つまり四半世紀以上も前の話だ。

 「食」に関して、当時のことを思い出すと、いろいろある。

 どうにも忘れられないのは、支局の近くにある冷麺店でのことだ。

 注文を受け、ゆで上がり冷やした麺がステンレス製の丼に入れられ、ゆで卵、青い野菜類、時にはトマトといった具が盛られると、その丼が配膳用のカウンターに出てくる。すると、お姉さんが水色の大きなポリバケツから、大きなヒシャクでスープをすくい、冷麺にかける。そして客の所に持ってくる。

 冷麺を食べていると、お姉さんが大きなヒシャクでスープをすくったかと思うと、自らゴクゴク。ヒシャクをそのままバケツに戻し、次のステンレス丼が調理場から上がってくると、再び大きなヒシャクで…。

 間違ってはいけない。お姉さんは、客に隠れてゴクゴクしたのではない。大勢の客がいる前で「堂々と」だ。

 日本人からすると、信じられないことだろうが、ディス・イズ・コリアなのだ。

 純朴なお姉さんは、それが悪いことだとは考えてもいないから、客の前でゴクゴクであり、客はそれを見ても何とも思わないから、再びその店に来る。私も再び言う。「ディス・イズ・コリアなのだ」と。

 私はそれからも、その店に頻繁に通った。支局の近くにあるし、うまいから。最低でも、その程度の“鈍感さ”がないと、ある外国に関して真実に近い情報は集まらないのではないだろうか。

 「とは言っても、それは四半世紀以上も前の話でしょ」との指摘も出よう。しかし、つい最近、韓国を訪問したウオッチャーから「従業員が、自分が食っていた飯の残りをジャーに入れて混ぜると、そこから飯を盛って持ってきた。変わっていませんね」との話を聞いた。

 わが国の外交官は、そうした店で飯を食えるだろうか。

傘をさして自転車に乗っている人を見るとある患者さんを思い出す。泣きじゃくりながら元の顔に戻りますか、と聞いてきたその女性は、傘で咄嗟に手が出ず、顔面はアスファルトで擦りおろされ、唇は削げて歯や顎が折れていた。 削げた肉はいびつに治る。折れた歯は戻らない。そんな悪夢のような光景。
お前らが艦これキャラbotに政治ネタを語らせる度に人質を一人ずつ殺していく
パスワードが解らず、パスワードのヒントを見たら、「これまで付き合った女の子の名前」と書いてあったので、空欄でエンター押したら通った おい

小さいときから家族づきあいをしている人(おじさんと呼んでいる)に、コインアルバムを見せてもらったことがある。

色々な国の通貨をただ漠然としてみているだけだったMarnierに、おじさんは

「ほら、このポーランドのコインはすり減っているだろ」

と、切り出した。

「こんなにボロボロになるまでお金を使うような国ってどういう国だか分かるかな?」

ヤードポンド法を許さない市民の会
Facebookのいいね!を1万人増やせるという有料サービスのお誘いが来たんやけど、そこのFBのいいね!が1万人いないので、そっとメッセージを閉じた

「こういうところでコスプレしてたりして写真撮られてる女の子とか、メイド喫茶の女の子たちって・・・別にとりたててキレイだったりかわいかったりするわけじゃないよね、よくて並の上レベルぐらいなもんで」

などと言うので、あー、そんなもんですかねえ、などとテキトーに相槌を打ちつつ聞いていて、ハタと思い出したのが、先日帰国した南米某国の友人が日本のメイド喫茶をあちらでフランチャイズ展開するという話。彼の国は南米でも有名な美人の産出国で、日本のメイドカフェとは似て非なるものとなりそうな予感がするのがちょっと心配。それにまず彼らの国にある「メイド」の概念が日本とはまるで違うわけである。あちらではちょっとした小金持ちの家には必ずメイドがいるもので、わたしがエクアドルに行ったときに最初に世話になった現地の弁護士宅にもメイドがいたし、チチカカ関の実家にもメイドはいる、しかしそれはいわゆる「お帰りなさいませご主人様ぁ」的なメイドではなく、まあ確かにメイドの制服(ホテルのバンケットみたいなワンピースとエプロンだけど)は着ているものの日本でいうなら単なる「家政婦のおばちゃん」ぐらいの位置づけに過ぎなくて、決して「メイド」という言葉は彼らにとって「萌え」属性にはならないはずなのである。

その友人も日本の(アキバの)メイド喫茶には何度か足を運んで様子を見ているので、実際どう感じたんだか聞いてみると

「はっきり言ってloco(クレイジー)だと思うよ。女の子はみんなセクシーじゃないし、でも男たちがそのセクシーじゃない女の子に満足して、彼女たちを求めて来る理由はわかるよ」と言う。

わたしにはその理由はわからない。

「簡単なことだよ、彼らもあの子達が決して美人じゃないことはわかってる。でも自分を拒絶しない女だと思えるだけで実際より3倍は美人に見えるんだよ。普段女性から拒絶されていると思っている男ならなおさらね」

でもラティーノがそういう女の子を求めるもんかしら、と聞くと

「エボリはまだよくラティーノがわかってないね。ラテンの男たちはみんな普通に女性に近寄って口説けると思ってる?確かに簡単にできる男は日本よりは多いけど・・・その分競争も格差も日本よりは激しいんだよ。日本みたいにもてない男が大量にいるってわけじゃない、でもラテンでもてない男っていうのはパーセンテージが低い分日本のもてない男よりもっと悲惨なんだよ。ラティーナも日本の女の子みたいには優しくないんだから。だからもてない男は簡単にアディクトになっちゃうと思う、自分を拒絶しない女がいる場所に」

そういうもんなんだろうか。確かにここ数年「拒絶される」ことへの予期不安の強い人や、ちょっとしたことで「無視された」とか「拒否された」とか言い出す人は増えたように思う。

今日何か女の子の周りブンブン飛んでて悲鳴あげて追い払われてた虫が、ガイドさんが「あ、それは光らないけど、ホタルですね。」って言った瞬間ウェルカムムードになったの見て、合コンに来たブサメンな奴が医者だと聞かされた時ってきっとこんな感じなんだろうって思った。